常に"今"
成長し続けられる人へ

キャリア事業部
酒井 陽大
2018年入社横浜市立大学

意識高い系。でも充実しない学生生活

学生時代は広告代理店のインターンシップに始まり、学生の海外就業斡旋、民泊の管理代行の事業立ち上げなどを経験してきました。考えるよりはまずは動くタイプで、実地の体験から学びを得る機会が多かったように思います。いわゆる"意識高い系"な学生でした。
でも自分よりも圧倒的に前のめりな人に囲まれて「ああ、何やってんだろ、自分」と思うこともあって、でもそこから何をする訳でもなく、自分自身では納得のいかない、充実していないと感じ続ける大学生活を送っていました。

唯一、働くイメージがないのがビーボだった

私がビーボを選んだ理由は大きく二つ。一つ目は、ビーボの「本気」の姿勢に惹かれたからです。就職活動の中で、これまでいかに自分が物事に本気で打ち込めていなかったかを痛感しました。いくら自分が本気と思っていても相手にとってそうでないのであればそれが全てだなと。そんな中、相手に本気の価値提供をしようとしているビーボの姿勢が刺さりました。
二つ目の理由は「ここで働くイメージが持てなかったから」です。いくつかの説明選考会に行きましたが、唯一ビーボでは働くイメージが湧きませんでした。笑でもそれは、私にとって「どこまでも自分の仕事を作ることが出来る環境」であり「自分が最大限に価値を作れる場所」であるので、相当魅力的に感じました。

"今"成長し続ける

よく学生の皆さんに、これまでで一番成長した経験を教えてくださいと言われるのですが、間違いなく"今"ですね。私の中では「昨日より今日、今日より明日成長する」がテーマです。
新卒1年目から産後人材の転職サービスの立ち上げを任せてもらい、今責任者として事業全体を見ていますが、常に目の前には新たな課題が立ちはだかっていて、どう乗り越えていくべきか毎日苦戦しながら前進しています。

価値を生み出し、成功に導ける人材に

今は事業責任者として一つの事業を担当していますが、価値を生み出し続けなければ私たちが目指したい世界には辿りつけません。そのために、価値を生み出し、成功に導ける人材になりたいと考えています。
皆さんも、新卒とか学生とかどうでも良いので、一緒に価値を作っていきましょう!

他のインタビューを見る

ENTRY